すっぽん黒酢の効果や口コミ~すっぽん黒酢の効果的な飲み方~

天然のすっぽんは冬眠時間が長い

天然のすっぽんは冬眠時間が長い

 すっぽんの成育に適する温度は二O度から三O度です。かなり温かい温度でないと成育しません。一五度以下になると、餌を食べなくなり、一O度を割ると冬眠に入ってしまいます。ですから日本でいえば、一O月から四月、五月ごろまでは冬眠することになります。
半年以上です。沖縄でさえも、一二月から二月までは冬眠に入ってしまいます。冬眠から覚める四、五月ごろに交尾を行い、六月上旬から八月下句にかけて産卵します。産卵は、陸上で行われます。

 

産卵場所には、卵が解るために適切な温度と湿度を保った場所を選びます。そのために砂の大きさにはある一定の秩序があって、だいたい0.6ミリ程度の砂が一番いいようです。砂の粒が大きすぎると温度が上がりすぎて、逆に小さすぎると温度がなかなか上がらないからです。
そうした適度な場所を見つけるとメスのすっぽんは、後ろ足で産卵床を掘り、五階の層を作って産みます。産卵が無事に終わると、こんどは砂を被せて、卵を上手に隠します。
余談ですが、天然のすっぽんには不思議な能力がありまして、雨が多い年は水辺から遠くて高い場所を選ぶのです。逆に雨が少ないときは、水辺に近くて低い場所を選んで産卵します。生きるための本能というべきものでしょう。

 

すっぽんの栄養満点のすっぽん黒酢 TOP

天然のすっぽんは冬眠時間が長い関連ページ

すっぽんの特徴
養殖の難しさ
体ごとの効き目

ホーム RSS購読 サイトマップ