すっぽん黒酢の効果や口コミ~すっぽん黒酢の効果的な飲み方~

養殖の難しさ

養殖の難しさ

 食材、あるいは薬効としてすぐれたものを持っすっぽんは、昔から長きにわたって愛用されてきたためにその数も減り、現在では天然ものはほとんど入手できなくなりました。
特に日本や台湾ではまず期待できません。ヨーロッパでもスlプとして愛用してきたために、ほとんど天然ものは手に入りません。
そのように供給が減少しているにも関わらず、料理の食材ゃあるいは健康食品としての需要は増す一方です。
そこで生まれてきたのが、養殖です。日本ではかなり古くから養殖が始まっていて、最初は明治時代だったといわれています。ただ、養殖をする際に問題となるのは、前述したように温度が高温でないとなかなかむずかしいという点です。一五度以下になると冬眠しまずから、日本の場合、常温であれば
半年間以上は冬眠していることになり、そうすると、なかなか成長しません。出荷できる大きさまで成長するには四1五年もかかってしまい、経済的にも割りが合わないのです。
常温での飼育はこういう不利な点がありますので、温度を高くして飼育する「加熱養殖法」が生まれてきました。これは、電熱、石油、太陽熱、温泉熱、あるいは工場の温排水を利用して温める方法ですが、こうした方法はコストが高くつくという不利な点もあります。

 

有名な温泉地ですから、当然、温泉を有効に利用しています。そういう施設22への投資額は莫大なものがありますが、いったん設置すれば基本的に温泉はタダですから非常に有効な方法です。しかも工場の温排水のように有毒な物質が含まれていることもありませんから、安心して育てられます。
この方法で水温を三O度前後に保って飼育すれば、すっぽんは一年を通じて冬眠せずにずっと餌を食べていますので、成長も早く、一年間で700~800グラムになります。すっぽんは冬眠しなくても生理的には何ら問題はありません。ただ、常温で四~五年かけて飼育したものは黄金色で天然産に近い色をしてますが、高温で短期間で飼育させたものはやや黒みを帯びた色になります。

 

すっぽんの栄養満点のすっぽん黒酢 TOP


ホーム RSS購読 サイトマップ