すっぽん黒酢の効果や口コミ~すっぽん黒酢の効果的な飲み方~

体ごとの効き目

体の部位ごとに効き目が違う

 すっぽん黒酢のもとのすっぽんは健康と食の深い結びつきを知っていた中国において、すっぽんは昔から大事にされてきました。
まず、中国においてもっとも古い薬物書に「神農本草経」というのがありまして、この中にもしっかりとすっぽんが記されています。

 

この書物の中に収められている薬物は合計三六五種類で、これを上薬、中薬、下薬に分類しています。上薬というのは、「命を養うこと」を主とした薬物です。栄養がたっぷりあって、毒がなく、したがってたくさん食べても害にならないものです。中薬というのは、「養生」を主とした薬物です。養分となって病気を予防したり、弱った体を元気づけたりします。下薬というのは、いわゆる一般の「薬」です。病気以外の時にこれをたくさん摂取するとかえって害になるというものです。

 

中国では古来より、このように実に多くの効能を認識していました。だからこそ、すぐれた健康食として広く愛されてきたのです。現代人は特に食の乱れから様々な慢性病の危険にさらされています。肥満、心臓病、高血圧、動脈硬化などなど、根本的な治療法がない病気が多く存在します。こうしたものに対してはやはり「食」を重視して、健康の根本的な部分から改善していかなくてはなりません。すっぽんはそういう意味で、大きな力を持っています。さて、中国ではどのような食べ方がなされているのでしょうか。主な料理法は、煮込み、スープ、蒸しものです。煮込み(紅焼)では、すっぽんを醤油で煮込んだ紅焼水魚がもっともポピュラーなものとなっています。また氷砂糖を加えて甘く煮込んだ紅焼泳糖甲魚も美味しく人気があります。日本でもすっぽん料理は人気が高く、健康を度外視してもその旨さにひかれて食する人も増えています。

 

 鍋物、雑炊、煮込み、吸い物、刺し身などが中心ですが、最近では、唐揚げや串焼き、釜飯などさまざまな種類の料理が開発され、幅はますます広がっていくことでしょう。

 

すっぽんの栄養満点のすっぽん黒酢 TOP


ホーム RSS購読 サイトマップ